読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりめし

日々の食事と、思った事、感じた事をつらつらと・・・

右から読んでも左から読んでも日曜日

f:id:lom00:20160228211054j:plain

トンカツとハムカツ、大根葉とおかかの混ぜご飯。

 

ハムステーキ用の厚切りハムの残りを、ハムカツにしたら美味いだろうと思って作ってみる。ついでに豚ロースの冷凍ストックをトンカツにする。右の小さい方がハムカツ。1枚が大きいので半分に切った。

f:id:lom00:20160228211250j:plain

この厚さ!でもねー、ハムカツにするにはロースハムよりも寄せ集めのプレスハムの方が美味いのかなー・・・と、思った次第。

 

さて、ちょっと重い話・・・

 最近よく死んだ親父の夢を見る。内容はいい思い出・・・ではなく、半ボケになって言い合いしている時の事。昨夜もそんな感じの夢を見てて、朝目が覚めて「あ、いないんだっけ・・・」と気がつく。

 

人は死んだら生まれ変わると言われる。でも、無粋な事を言ってしまうと、人類がこの地球に誕生して以来、増加の一途をたどっている。もし、輪廻転生が本当なら、魂の数は決まっていて、ひとつの魂が過去から未来へと続いているという事になる。とするなら、人口はそれほど増えないはず・・・だが。

人はいずれ死ぬ。それは大金持ちだろうが貧乏人だろうが、善人だろうが悪人だろうが同じ。いずれ死ぬという恐怖を和らげるために昔の人が思いついたのが輪廻転生なのかもしれない。

小学校に上がる前、四つ歳上の兄を亡くした時、死というものに対して恐怖を感じていた。死んだ時、「自分」という意識はどこへ行ってしまうのか。死後の世界というものがあるのか。生まれ変わるという事があるのか・・・考えだしたらキリがなくなるような事ばかり考えていた。

歳を取って、そんな事は忘れかけていたけど、最近時々考える事がある。子供の頃とはだいぶ意味合いが違うが・・・。

 

・・・なんて事を、久々に仕事のない日曜日の真っ昼間に考えていた。